<< トラック屋根の上に男性 歩道橋から落下か、軽傷(産経新聞) | main | 羽毛恐竜、全身の色を推定=色素を現在の鳥と比較−中国(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判員判決は懲役17年=「犯罪抑止、重い刑を」−70歳男、猫餌やり口論殺人(時事通信)

 猫の餌やりをめぐるトラブルで隣人女性を刺し殺したとして、殺人などの罪に問われた無職林喜市被告(70)の裁判員裁判で、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は8日、懲役17年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。
 判決は量刑について、単独犯で刃物使用、知人1人殺害という類型で、過去の事件の判決と比較検討したと言及。「これまでの判決は犯罪の結果や行為の評価としては不十分で、人の命が軽んじられている世相にかんがみて改めるべきだ」と指摘した。
 その上で「犯罪を抑止し、平穏な社会生活を守るためには、従来の量刑幅より重い刑で臨むのが相当」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
介護疲れで親殺害、懲役4年=減刑求める嘆願書を「評価」
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」
遺族「最も素晴らしい決定」=感極まり、喜びの声

<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)
<「だいじょうぶ」>人文字で防犯・防災「三つの輪」(毎日新聞)
長崎県知事選告示 大仁田元参院議員ら7人が届け出(産経新聞)
<校長自殺>名誉棄損見直しか 最高裁が弁論(毎日新聞)
途上国に太陽光ランタン、日本のNGOら寄贈(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 04:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
借金整理
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
カードでお金
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM